--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前の記事次の記事へスレ別記事一覧全記事一覧
2013-05-10(Fri)

多くの幼稚園で定員割れ

17:名無しの心子知らず 2013/04/21(日) 16:26:16.85 ID:4whegKl1

★多くの幼稚園で定員割れ

待機児童が問題となるなか、保育園で定員を超えた子どもの受け入れが目立つ一方、 多くの幼稚園では定員割れが起きていることが、民間の研究所の調査で分かりました。

この調査は去年10月から12月にかけてベネッセ次世代育成研究所が行い、全国の保育園や幼稚園などおよそ5200の施設が回答しました。
それによりますと、定員を超えた子どもの受け入れが目立つのは私立の保育園で、 ゼロ歳児から2歳児では6割の保育園が定員を超えて受け入れていて、“定員の150%を超えている”というケースも7.5%に上りました。
一方、幼稚園では定員割れが目立ち、3歳児から5歳児を預かる公立の幼稚園の9割以上、私立の8割が定員割れでした。
幼稚園の定員割れは深刻で、首都圏と近畿圏を除いた私立幼稚園の半数近くは定員の75%を下回っていたということです。
しかし、私立の幼稚園に、保育園と幼稚園の機能を合わせて持つ「認定こども園」に移行するかどうか尋ねたところ、 「条件によっては移行してもよい」と答えたのは36%にとどまりました。
調査した白梅学園大学の無藤隆教授は、「地方では少子化もあり幼稚園単独での経営は厳しい状況だ。
認定こども園への移行には費用がかかるため、補助金がどうなるのか様子を見ているところが多い」と分析しています。

ソース NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130421/k10014070521000.html


前の記事次の記事へスレ別記事一覧全記事一覧


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサードリンク
RSS&Twitter
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
578位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
74位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。