--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前の記事次の記事へスレ別記事一覧全記事一覧
2013-04-06(Sat)

自立させる為に、もっとも適した方法は子供によって違うんでしょうね

575:名無しの心子知らず 2013/02/19(火) 20:22:20.38 ID:fxnW7Szm

あくまで自立させる(自分の事が自分でできるようになり親の手がかからなくなる)為に、
もっとも適した方法は子供によって違うんでしょうね。

もちろん兄弟間で差があると子供から不満が出るかもしれませんので、
そういう場合は必然的に厳しい方に合せることになるでしょうね。
もっとも叱る必要がない子供は叱る機会がないんでしょうけど。


578:名無しの心子知らず 2013/02/20(水) 12:39:46.91 ID:vT9gJVvO

自立の反対は依存
依存している状態というのは依存対象がいなくなればたちまち不安定になるので、本人は自信がない状態 
でも依存対象がいなくなる想像は簡単にはできないし、力を出し切らなくても守ってもらえるのだから
安住してしまいたいという思いも生まれる

親と自分は一体ではないのだという無意識の気づきで、「自分で」をするのが第一次反抗期
二次反抗期は意識的な親と自分のひっぱがし作業
その苦悶煩悶は本来子どものものなんだけど、それを親も感じてしまうような
距離感だと 子どもは重いと感じるのではないかな

母子の密着が強すぎると共依存関係になってしまって自立には失敗するね
母親はイネイブラーにならないようにたまに自分を確認しないとね


過保護・過干渉が子供の心に与える影響を考える
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/baby/1323217436/

前の記事次の記事へスレ別記事一覧全記事一覧


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

スポンサードリンク
RSS&Twitter
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
435位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
51位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター


現在の閲覧者数:
リンク
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。